骨盤のゆがみと痛みの関係

骨盤のゆがみと痛みの関係

スポンサードリンク

現代人に多いと言われている骨盤がゆがみは、肩や背中、腰などの痛みや
コリを引き起こすというのはご存知の方も多いと思いますが、
実はそれだけでなく股関節や足の痛み、また女性の場合は骨盤がゆがむ事で
子宮に影響が出て生理痛が酷くなるなど、全身の痛みに関係する場合があります。

 

体の痛みは原因がはっきりしていれば解消する事ができますが、
原因がよく分からないという場合は骨盤のゆがみが原因になっているのかもしれません。

 

骨盤が左右にゆがむ事で背骨のバランスが悪くなったり、
体がねじれたりして左右の筋肉の緊張に偏りが出て、
痛みやコリを発生させてしまったり、ゆがみを補正する為に体が無理な体勢になり、
それによって体に負担がかかってしまい、体のあらゆる所に痛みや不快感が発生してしまいます。

 

骨盤がゆがむ原因は日常生活の中に多く潜んでいます。
片足に重心をかけた状態で立っていると左右にゆがみますし、
腰を前に突き出す姿勢で立っている人もゆがみの原因となります。
また、椅子に座る時も浅く腰掛け背中を丸める癖のある人も注意しましょう。

 

このように骨盤というのはとても重要で、
痛みだけでなく下半身やお腹周りが太りやすくなったりもするので、
姿勢には日頃から注意しましょう。

骨盤のゆがみと痛みの関係についての情報

スポンサードリンク

骨盤のゆがみと痛みの関係関連ページ

ゆがみをチェックしよう
美しいボディラインを手に入れたいと思っている方や、下半身太りが気になる方、また腰痛や肩こりに悩んでいる方には骨盤のゆがみをチェックすることをオススメします。
ゆがみは腰痛の元
若い方からお年寄りまで腰痛に悩んでいる方はとても多く、生活に支障が出てしまい困っている方も多くいます。腰痛の元について解説してみます。